« アナログテレビ1台2万円で国が買い取りを公明党がお馬鹿提案 | トップページ | 大気汚染 情報 »

地デジ利権を暴く アナログテレビ1台2万円で国が買い取りを公明党がお馬鹿提案

族議員や族官僚も日々に進化している。「電波族」なる連中も跋扈しているのである。

「国が買い取る」と言えば聞こえがいいが「税金で買い取る」と言ったらどうだろう?
「高速道路1000円」も同じだ。血税が道路族の懐に流れていく構図である。
ETCもバカ売れのようで、天下り連中もウハウハだ。
電波産業会という天下り団体のことを国民はもっとよく認識した方がいい。そして、「それでもあなたは自民党や公明党を支持しますか?」と問いたい。

やたら物は捨てないことが肝要だが、日本の住宅事情では途端にゴミ屋敷になってしまうか…。
リサイクル法のほとんどは実際にはまともに機能などしていない。血税に加えて手数料まで吸血鬼のような天下り団体に吸われているだけなのだ。交通安全協会みたいなものだ。
我が家には使用していない旧式のアナログテレビが数台、物置に眠っている。天下の悪法家電リサイクル法の餌食にされるのがばかばかしいので捨てないでいるのだ。

よく考えてみれば、「買い取り法が成立するまで、買い控えで地デジを買うおめでたい人は大幅に減ってしまう」ことにナンミョウ議員さんも気付いたのである。これ以上カモが減っては家電業界は泣き面に蜂である。

天下りに税金を横流しする別の方法を考えざるを得なくなった。

それにしても、天下りの餌食にならないための方策はないものか?
天下り団体が役人風を吹かして金をむしり取ろうとするのを拒絶するには知識と勇気が必要なのだ。
免許更新の際に居並ぶ交通安全協会の連中を無視して通り抜ける勇気をあなたも持ってくださいね。

しかし、仕事をやっていると、やむなくいわれのない手数料を天下り団体にむしり取られてしまうことも多い。
よほどの馬鹿でもない限り、天下り団体によるあくどい仕打ちは理解しているはずだ。なのに、どうして自民党を支持しちゃうのかねえ。余得に与っている人なら判るけど…。
ニートのくせに暇つぶしにバカウヨをやっているような馬鹿が日本には多すぎる。

マスコミのインチキ世論調査にもコロコロ騙されちゃうしで、本当に日本人は馬鹿が多いなあと思う今日この頃です。

|

« アナログテレビ1台2万円で国が買い取りを公明党がお馬鹿提案 | トップページ | 大気汚染 情報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。