日記・コラム・つぶやき

【脳内ドーパミン】

【脳内ドーパミン】
目標を達成したときの達成感は、十分な「報酬」になります。


達成感を味わうと脳内で快感をもたらす神経伝達物質(ドーパミンなど)が分泌され、大きな快感や喜びを感じることができます。


ぜひ何かをするときには何も考えずやるのではなくて、目標(小さくても)を立てて達成感を味わう「クセ」をつけてみてください。

人間は「痛みを避け」「快楽を求める」動物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あえて不可能な事を真剣に考えてみると今まで思いもつかなかった様な事を思いつく」

「あえて不可能な事を真剣に考えてみると今まで思いもつかなかった様な事を思いつく」 行き詰まった時目標の3倍以上の達成を考えてみる。すると今までの重箱の隅を突く様な小手先の方法論では不可能だと分かり重箱を丸ごと交換する位のアイデアがひらめく。自分の可能性を縛り付けているのは実は自分自身なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おゆとり様

おゆとり様 ■この前新聞で読んだのだけれど、何やら最近では『おゆとり様』という新たな消費者層が注目されているらしいね…。 おゆとり様とは、1987年以降に生まれた、いわゆるゆとり世代のこと。 そもそもゆとり世代というのは、学習内容の縮小、土日が完全休日、総合学習の導入といった「ゆとり教育」を受けた人たちのことなんだよ。今年は特に1987年〜88年生まれの、いわゆる「ゆとり第一世代」の新卒も増えることから、何かと話題になっているよね。 おゆとり様という言葉は、日経MJがつくったものなのだけれど、調査によると、ゆとり世代には他の世代に比べ特殊な傾向があるそうで、例えば、 「異性よりも同姓の友人との付き合いを大切にする」 「一人で遊ぶことや読書が好き」 「買い物はネット通販よりも実店舗を好む」 というものがあるんだって。他にも、消費傾向としては貯蓄志向が強く、ファッションに敏感なものの、ブランド信仰はなく、かつ、他にはない個性的なものを好む、といった傾向があるそうなんだ。 こうした背景には、「まわりにブランド品があふれる、モノに恵まれた生活を送っていたから」とか、「バブル景気後の平成不況の中で育ってきたから」とかさまざまな考察がされているね。 ちなみに僕の弟も87年生まれなのだけれど、たしかにお金はあまり使わないみたいだし、僕よりもだいぶ落ち着いている気がするよ…。となると、企業も今まで以上に戦略を立てていかないとダメなのかもしれないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のやる気

今日のやる気 あなたは今日どれだけ素晴らしい1日を過ごしていますか? つらい1日だと感じるのも貴重な1日だと感じるのもすべてあなたの意識次第なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたに必要なものは『力』である。しかし、あなたはその力を持っていることに気付いていない。

あなたに必要なものは『力』である。しかし、あなたはその力を持っていることに気付いていない。 第7 がんばっている自分を認めているかどうか。 あなたは、がんばることを心の中で、恥ずかしいと思ってはいませんか? がんばっている自分を、どこかでさげずんではいませんか? あなたはがんばっている人を、応援していますか? 『なにをがんばっているの…』 と冷めた方がいらっしゃいますが、それは他人に言っているようで、自分にいっているのです。 自分にやり遂げる力はどうせないから、彼らもやるだけ無駄だと思ったり、がんばってできたとしても結果は同じだと決めつけているのです。 それを他人にも合わせてもらいたいのです。 がんばるときの基準としていただきたいのは それを行っているときの自分が好きかどうか という点です。 あなたは、がむしゃらにがんばる前にきちんとそのがんばるものに対する自分の姿勢を客観的に見極める必要があるのです。 あなたのその素晴らしい物腰を、決して自ら曇らすようなことをしてはならない。 さぁ! 今日もあなたにとって最高に素晴らしい1日でありますように! インフルエンザには、くれぐれもご注意ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮のミサイル発射基地への先制攻撃を想定した敵基地攻撃能力について

麻生太郎首相は26日夕、北朝鮮のミサイル発射基地への先制攻撃を想定した敵基地攻撃能力について「一定の枠組みを決めた上で、法理上は攻撃できるということは昭和30年代からの話だ」と述べ、法的には可能との認識を示した。ただ、能力を保有すべきかどうかには言及しなかった。首相官邸で記者団に答えた。
 自民党内には、北朝鮮の核実験を受け、攻撃能力の検討を促す声が出ているが、首相の発言はこうした動きを後押しすることになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型プリウス  VS  インサイト

2009年5月18日に発売開始となった、トヨタの『新型プリウス』。ハイブリッド(HV)車でありながら価格を従来より低い200万円強に設定、さらにエコカー減税のあおりも受けて、発売当初から受注10万台に達する見通しだという。HV車人気に火をつけたホンダ『インサイト』も、4月度の国内新車販売ランキングで首位に。「インサイトが新型プリウスのいい宣伝になった感もあります」(バイク大好きこばおブログ)と言う声もあるが、ユーザーのHV車への注目度は確実に高まっている。

HV車人気の理由の一つは、低燃費で地球環境に配慮している点だ。『インサイト』のエコアシスト機能を「エコ運転の効果を眼で確認できるっていうのは(中略)その部分に楽しみを見出す様に商品側も構えている」とその性能を評価するブロガーもいる(Theっ学健究所!壱元亭)。また走行音が静かなことも特徴。新型プリウスに試乗した『旅は人生の道標(みちしるべ)』のブロガーは「音がしないんです!まさに『無』って感じ。停車中には静か過ぎてあれじゃ寝てしまうほど。前のモデルよりも車内騒音がさらに10%低減だそうな」と好印象。

今後ますます『プリウス』VS『インサイト』の市場争いの激化が予想される。その一方で、トヨタとホンダ以外のメーカーがHV車戦線に後れをとっている問題を指摘する声も。ブロガーからも「車種の選択という面でも寂しい」「ほかのメーカーさんも“消費者が選ぶ楽しさ”を提供して下さい!」という意見が見られる。経済状況が厳しい自動車業界の中で、唯一躍進するHV車。今後どう展開していくのか、各メーカーの動きに注目したい。

Dsc00844

Dsc00846

Dsc00848

Dsc00849

Insight_wp2_1440_900

Insight_wp3_1440_900

Insight_wp5_1440_900

Insight_wp6_1440900

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【アイデアの正体】

アイデアが生まれるのは当然頭の中の出来事です。


一見関係なさそうなAという知識と、Bという知識を組み合わせることで、Cという「アイデア」が生まれます。


幅広い知識や、いろいろな考え方や物の見方を持っていればいるほど「良いアイデア」につながっていきます。


そう考えると「頭にアンテナ」さえ立てておけば、無駄なことなどないのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「営業セールスは生ものである」

いつまでも同じトークを使い続けると何故かしら成果が上がらなくなる時がある。その理由はそのトーク自体に自分自身が「飽きた」からだ。必勝の勝ちパターンは変わることはないが、その中のトークは常に生もののような新鮮さが要求される。飽きがきて腐り始めたとたんに、どんなトークでも効果は無くなっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のやる気

一人だけで成功を目指すなら相当な能力が必要。 だけど、みんなで成功を目指すなら足りない部分を他の人に補ってもらえる 相当な力をあなたが持っていなくてもみんなでやれば成功できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧